株式会社 本間設計事務所 | BLOG
1815
paged,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,page,page-id-1815,paged-8,page-paged-8,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-100.0,paspartu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

宮長の住まい

 

宮長の住まい、順調に工事が進んでいます。

現場では、日々様々な問題が生まれる為、なるべく顔を出すように

心がけています。その場ですぐに対応できる事は、すぐに回答し対応をする。

一方で持ち帰らないと判断できないこともあるので、その場合も工程に遅れを

きさないように、対応する。

現場は、たくさんの工種がいりまじり常に動いている。私たちはその流れを止めないように

コミュニケーションをとりながら的確に素早い対応を心がけることが大切。

と考えています。

 

 

宮長の住まい、クライアントと内部の家具のお話も相談しながら進めています。

住まいの家具はとても重要な要素になります。椅子など、毎日使用するものについては

少しコストがかかっても良いものを提案したいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

階段の納まり

宮長の住まい 順調に進んでいます。

大工さんと、いろいろと細部の詰めを行いながら進んで行っています。

今日は階段の納まりについて。

蹴込み板の無い部分を協議の上、変更させて頂きました。

より気持ちの良い階段となっていくと思います。

 

06.19

深夜のTREESCOFFEEかなり落ち着きます。

2階はお客さんが多いのですが、1階の奥は穴場。

計画が進みます。

 

 

 

06.12

今週のヤマアジサイ。

グリーンで統一されていますが、銅巻きのメキシコ吹きガラスが

ポイントできいております。美しい。

 

六月

この色合いのバランスの素晴らしさ。美しさ。

立ち止まってずっと見入ってしまいました。

事務所にて。

 

弥生町の住まい改修

計画したプランをもとに、現場を工作社の本間さんと確認しながらのプロジェクト。

解体もしながら計画が出来るという今回の改修、イメージが非常につかみやすいので

助かります。

私が提案した既存を活かした楽しい平面計画と細かな詳細ディテール

そして本間さんの持ち味でもある図面では図れない工作的な部分がうまくMIXされる

と良いのではないかと思います。