株式会社 本間設計事務所 | BLOG
1815
paged,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,page,page-id-1815,paged-2,page-paged-2,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-100.0,paspartu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

新年度

あっという間に4月になりました。

先日、智頭町の芦津付近の三椏群を見に行ってきました。
その名称の通り、枝が三つにわかれてそこからまた三つに枝分かれしてと
枝ぶりがとても軽快で好きな木のひとつです。

紙幣や紙に使われる事はあまりにも有名な話ですが、
現在は時代の波におされて、三椏を蒸して黒皮を剥いて白皮までだしてという工程
をこなす施設がほとんど無いらしいのです。

人っ子一人いないし、車を停めて眺めるこの芦津近くの三椏群。
鳥取の大好きな場所の一つです。

智頭の住まい 完成

智頭の住まい、既存の改修と増築の住まいです。
今週、検査済み証を無事に受け取り、いよいよ引っ越しが近づいてきました。
既存部分の壁は、現場の途中で合板顕しとする事に、柔軟な発想のクライアントの思いつきでしたが
古い梁と新たな梁も見せ場となりとてもよい空間になったと思います。

岩美の住まい 完成間近

いろいろな誤算で遅れていた岩美の住まいも、いよいよ竣工間近となりました。
クライアントとの信頼のもと、設計から現場まで楽しく仕事をさせて頂き、うれしい限りです。
久しぶりの岸山さんとの仕事も楽しいです。

造園屋さんとの打合せ。現場にこの方をよんで、純粋なリアクションを見ると自分の今の仕事がどうかを
しっかりと判断できます。ありがたき存在。

番付

津ノ井の住まい 番付に。

木材加工・請負者・設計者による番付。
真壁づくりの住まいですので、ほぼ全ての柱・梁の顔をみて
配置を決めてきました。請負者の社長の威勢の良いかけ声で、どんどん私たちは指示を受け材木の顔を見ていきます。
これがまた楽しい。男前の木や美人の木を見ると本当にうれしくなるもんです。
ありそうでなかなかない機会でしたので、勉強になりました。皆様に感謝。

イサムノグチ庭園美術館

20年ぶりに香川イサム・ノグチ庭園美術館へ再訪。

20年前はたいした予習もせず連れていって頂き、移築された酒蔵の中にあるエナジーボイドを見た時の感動・衝撃は今でも鮮明に覚えています。
たまに思い出しては、また行きたいなあと思うこともありました。
そんな感動を家族にも感じてもらえたらと。。。行きやすくなった事もあり、思い切って往復はがきの事前予約を行いました。
子ども達にはまだ早かったかもしれませんが、きっといつか、ここで見て感じた事が、点と点が繋がるタイミングがあるのではないかと思います。

相変わらずの素晴らしい石垣とオブジェ、、、素晴らしい宇宙空間でした。

瑞気満高堂

土曜日は、炉開きでした。

瑞気満高堂(ずいきこうどうにみつる)
瑞気(吉祥、めでたい気)、高堂(茶室)
お茶の正月。炉開きの季節にぴったりの茶掛をみながら一服頂きました。

せわしなく生活をしていますので、こういう時間が本当にありがたい今日この頃。
よい時間となりました。