株式会社 本間設計事務所 | BLOG
1815
paged,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,page,page-id-1815,paged-2,page-paged-2,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-100.0,paspartu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

09.14 吉田医院一般公開

鳥取大丸リニューアルオープンに合わせて、吉田医院の一般公開がありました。
大丸の宣伝効果のおかげか、たくさんの来場者でした。
今回私もスタッフとしてお手伝いさせて頂きました。

建築にかかわった大工さんの谷口さんのお話
鳥取大丸と吉田璋也と山下清の関係性の話を木谷氏から
たくさんの事を学ばせて頂きました。

吉田璋也さんの建築、家具、それを地元の人達がつくっているという事。
しっかりとしたデザイナーがいる事の重要性を感じます。
細部にまでこらした意匠は何度見ても発見があります。

写真はもちろん吉田璋也デザインの木製椅子と木製電気スタンド。

とうふちくわの里鳥取大丸店オープン

本日鳥取大丸リニューアルに伴い、とうふちくわの里ちむらさんの店舗が
移転リニューアルオープンとなりました。
ギフトコーナーを充実し、天ぷら実演コーナー、ちくわ販売コーナーなども
布袋店に習いリニューアルしました。


今回の現場担当はリレートワークスの谷尾さん。
慣れない現場の調整事もたくさんあったことと思いますが、必死にこの夏を乗り越えてくださいました。
本当によくがんばられました。関係者の皆様にも感謝申し上げます。
小さな頃から慣れ親しんだ鳥取大丸店の店舗改装工事をさせていただき、とてもうれしく思います。
ちむらさんにも感謝申し上げます。

丹下建築にふれる

週末、時間が少しできたので香川に。

早速、香川県立体育館に向かった。この建物は、1964年、丹下健三の設計。

船の様な、亀の様な形態。なんとも有機的な建築でとても面白い。
内部には入られないので建物の周囲をぐるぐると回った。
エントランスの石とガラス-FIXガラスのディティールすごかった。割れたらどうするのか。
そんな事を考えてはいけないのかもしれない。建築家の思いの強さを細部にまで感じる建築。
実際50年割れてない。はず。。。

3度の耐震改修の入札が不調に終わり、結果、耐震改修を諦め閉館。。。
現在は内部へは立ち入り禁止。なんとか解体は免れてほしい。

新たな香川県立体育館はsannaの設計により建設されるようです。

他にもたくさんの建築を見学しました。ジョージナカシマのミラチェアいいなあ。
もちろんうどん県ですので、うどんのお店もたくさん回りました。
無事インプット完了。

0413 とうふちくわの里 オープン

4月13日とうふちくわの里がリニューアルオープンしました。
視察、計画、設計、現場となかなかロングランの現場でしたが、クライアントの信頼関係のもと
かかわった皆様が力を合わせてよい形となりました。たくさんの事を学ばせて頂きました。

とうふちくわの里 改修

鳥取市河原の布袋にあるとうふちくわの里の大改修工事です。

三期工事にわかれ、設計者・請負者共に一丸となって進めています。

4月13日に二期工事の既存店舗の改修を終え、リニューアルオープンします。

あっというまにあと二週間。皆様よろしくお願いいたします。

 

用瀬の画家の住まい 改修

用瀬の画家の住まい改修 終わりました。

床などの部分的な改修でしたが、芸術家の生活が垣間見られる良き仕事でした。

とても若々しいクライアント。今後のますますのご活躍に期待します。