株式会社 本間設計事務所 | BLOG
1815
paged,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,page,page-id-1815,paged-10,page-paged-10,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-100.0,paspartu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

宮長の住まい

 

宮長の住まい。基礎がほぼ完成しました。

たいていの住まいは基礎の状態が一番小さく感じられるのですが

この住まいは、基礎の状態から大きく感じます。

建て方に向けて木工事の方も順調に進んでいます。

green smile

2月に改修を終えた砂川サイクルさんの植栽工事が完了しました。

植栽は植える時期が大切になるので、この時期までタイミングをうかがっていました。

モルタルを背景にして様々な緑が風に揺れる様はとても美しい。

周辺がさらに良い形となりました。

 

 

倉吉市庁舎

 

今日は朝から倉吉にて打合せと測量他業務。

昼より行政との打合せで寄った倉吉市庁舎。

設計は丹下健三と岸田日出刀。1956年の建物。もう61年前になるのですね。

地震被害がまだ完全に復旧していたわけではありません。

しかしいい形でなんとかまた復旧してくれることを望んでいます。

 

 

 

 

 

sakura

春がやってきました。

事務所からの借景、隣家の桜がこの季節私たちを楽しませてくれます。

仕事をしながら見えるこの贅沢な景色に感謝。

 

ちず町立保育園 竣工式

 

暖かい陽気の中、ちず町立保育園の竣工式がとり行われました。

式の行われた遊戯室もなかなか明るくて良かった。

下弦材の真ん中の部分を鉄にしたのは圧迫感もなく、軽やかさもでて

正解だったなあなんて一人思いながら式に参加させて頂きました。

杉の温もりを感じながら、式も無事に終わりました。

 

 

 

式後、町の方、園長先生、現場の方とパシャっと。

良い記念となりました。

mizukaze

湖山貨物基地にて偶然遭遇した豪華列車「瑞風」

人の心をパッと明るくさせる存在感。

なんだか夢があっていいですね。童心にかえりました。