株式会社 本間設計事務所 | BLOG
1815
page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,page,page-id-1815,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-100.0,paspartu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

N脳神経・内科クリニック新築工事 地鎮祭

 

N脳神経・内科クリニック新築工事の地鎮祭が行われました。

設計は予定どおりに進み、建築確認申請と予算の調整に時間を取られましたが、いよいよ現場が始まります。

地鎮祭の始まりは朝日が、後半は雨がふりましたが、N先生より

「前半の朝日と後半の雨水が土地に力と潤いをもたらし、これから建設する医院が大樹の如く、皆様に

安心と喜びを感じて頂ける存在になるように努力します」と夜にLINEを頂きました。

現場と一丸となっていいものとなるように頑張ります。

地鎮祭の様子。徳吉社長のカメラ目線。いつ何時も頼もしいです。。

 

 

中秋の名月

久しぶりの更新となりました。

あっという間に10月です。

 

 

岩美の住まい 撮影

岩美の住まい 梅雨の合間に撮影しました。

庭の植栽も活き活きしていて、とてもいい姿。5年後はもっとよくなるでしょう。

少し時間が経過し、生活感が出てきた空間はやはり嘘がなくいい空間。だと思う。

 

富沢コミュニティーセンター

富沢コミュニティーセンター

屋根構面の仕事も無事に終わりました。ルーフィングまで無事に完了。

梅雨の大雨にも打たれることなく済みました。

建て方期間が長い中規模木造の難しさみたいなものがこういう所にあります。

一安心です。

富沢コミュニティーセンター建て方

 

富沢コミュニティーセンター建て方です。

今までたくさんの仕事をした大工さん達がいることもあり、安心感のある建て方となりました。

これからの智頭を背負う若手の大工さん達がメインとなり、地組は智頭を背負ってきた大工さん達が。

快晴の中、いよいよ形となってきました。

 

 

事務所建築

 

福部の事務所新築工事

いろいろ挑戦しています。CLTという工法を使って検討に入っています。

CLTとはCross Laminated Timberの略称で、ひき板(ラミナ)を並べた後、繊維方向が直交

するように積層接着した木質系材料です。厚みのある大きな板であり、建築の構造材の他、

土木用材、家具などにも使用されてます。

 

シンプルな形状の平面に棟の軸を大きくふって計画。屋根形状がシンプルで複雑な

面白い形になってきました。CLTならではの意匠を検討しながら進めています。