株式会社 本間設計事務所 | 事務所建築
22558
post-template-default,single,single-post,postid-22558,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-100.0,paspartu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

事務所建築

 

福部の事務所新築工事

いろいろ挑戦しています。CLTという工法を使って検討に入っています。

CLTとはCross Laminated Timberの略称で、ひき板(ラミナ)を並べた後、繊維方向が直交

するように積層接着した木質系材料です。厚みのある大きな板であり、建築の構造材の他、

土木用材、家具などにも使用されてます。

 

シンプルな形状の平面に棟の軸を大きくふって計画。屋根形状がシンプルで複雑な

面白い形になってきました。CLTならではの意匠を検討しながら進めています。